何をすべきという決まりはない

人も動物も意識の変化が発生

地域にもよりますが、人が亡くなった場合、たいていは火葬してからお墓にお骨を納めたり、本人の希望によって散骨されたりします。
けれども、最近は海への散骨を禁止する地域もありますので、人の場合はお墓に納骨するケースが大多数です。
とはいえ、お寺の敷地内に広大な森がある場合、お気に入りの木を選び、その根元にお骨を埋めて土に返す樹木葬も、昨今、注目されています。

墓を作り、子や孫に墓の守りを続ける負担を負わせたくない人や、墓に入っても、いずれはお参りしてくれる人もない無縁仏になることが分かり切っている人は、多様化する永代供養の方法を模索する、いわゆる終活を行うようになりました。

人の葬儀に変化が訪れると同時に、愛犬や愛猫といったペットたちの弔いの方法も変わってきました。
かつては、住んでいる地域の保健所に連絡し、亡骸を取りに来てもらうのが唯一の方法でした。
火葬し、共同墓地に埋葬し、慰霊碑には職員さんが手を合わせてくれますが、どちらかといえば、もう不要になったものとして引き渡す感覚が強い方法です。
これしか選択肢がなかったときは、誰も不思議に思いませんでしたが、ペットにも人と同じようにお葬式ができるようになると、意識はすっかり変わりました。
いらなくなったものを処分するかのように預ける保健所ではなく、動物の火葬をしてくれる霊園を探し、読経の声が響く中、きちんと目の前で火葬をしてもらう人が増えたのです。

その後、人と同じようにお骨上げをし、お骨を持ち帰ることもできれば、霊園の埋葬場所でお骨を土に返すといった方法が採れるようになっています。

人ほど厳密な決まりはない

大型犬や超大型犬ともなると、火葬してお骨にしたとしても、総骨を上げればかなりの量になります。
けれども広い庭のあるお宅であれば、猫や小型犬、さらにはウサギやハムスター、フェレットといった小動物なら、そのまま埋めて土に返してやるという方法も採れます。

自分の家の敷地内であり、他人に迷惑をかけないのであれば、庭に可愛がった愛犬や愛猫のお骨を埋めるのに、特に問題はないと言えるでしょう。

とはいうものの、そのまま埋めるとカラスなどが来て、亡骸を掘り返す恐れがあることから、ひとまずは火葬し、お骨にしてから庭の一角にお墓を作り、そこで土に返してやるのが安心です。
ペットのお葬式は、人の場合のように厳密に、こうでなくてはならないとか、こうしなくてはならないということはありません。
ただ、亡骸をカラスなどに荒らされないことだけ注意すれば、極端に言えばそのまま自分の土地の庭に埋めてもいいとさえいえます。
ただし、犬で土葬をするとなると3m以上は掘る心づもりが必要ですし、仮に火葬をしてお骨にしたとしても、できるだけ深く埋めておいた方が、リンによる発火火災を防ぐためにも重要です。

ベストな方法

亡骸を荒らされないことは非常に大事なことですので、とりあえず火葬することは必須と考えておいた方がいいでしょう。

転勤族の人の中には、いつかお墓参りがでるようになったときまで納骨は待ってほしいとして、無期限でお骨のまま、霊園に預かってもらっている人もいます。
一方で、忙しくて火葬に立ち会う時間が取れないから、火葬から納骨まで、お葬式の一切を霊園に任せるという人もいます。
ペットの場合は、飼い主の事情によって、さまざまな弔い方をされるということでしょう。

ペットのお葬式をどのようにするかの明確な決まりはない以上、ベストな方法は、飼い主が愛した愛犬、愛猫たちを、他人に迷惑をかけずに、納得できるやり方で行うことです。
読経がなくても、祭壇がなくても、愛した子が安心して眠れる場所であるならば、自宅の庭でも霊園でも、どこでもお葬式は行えると言っていいのではないでしょうか。